CAREER
STEPキャリアステップ

20代で工場責任者も!
仕事を任されるのが早い。
だから成長も早い。

年齢や社歴に関係なく
正当に評価

前向きな姿勢や能力があれば、年齢や社歴に関係なく積極的に仕事を任せ、評価しようというのが正和製菓の考え方。頑張り次第で一般社員からリーダー、主任、係長、課長、次長、部長へとポジションがどんどん上がっていきます。早い人であれば3年目で生産工程のリーダーを任されたり、20台前半で工場責任者になったりしている人も。新卒入社か中途入社かということも評価には関係ありません。実際、数年前に中途入社し、現在では生産部の責任者を務めている人もいますよ。入社後、早いうちから責任ある仕事を任せる。だから、成長や評価も早い。せっかくなら、そんな頑張り損のない環境で仕事をしませんか。

営業から生産管理へ変身!
お客様に寄り添う柔軟な体制づくり。

CLICK
  • 入社

    まずは冷菓工場で研修。1つの製品が完成するまでの各工程の作業を体験。

  • 半年目

    営業部営業課に配属。

  • 2年目

    大手のお菓子メーカーとの初取引を実現!社内でもやったことのない商品で、苦労も多かった…(笑)

  • 3年目

    生産管理部 生産管理課へ異動。お客様とやり取りしつつ、日々の生産計画を練っていきます。

  • 7年目

    主任に昇格。工場全体の計画建てに携わり始めました。

  • 8年目

    担当する工場の計画を、責任者として一任されるように。責任も大きいですが、スムーズに進んだときは自分の成果を実感できます!

  • 12年目

    係長に昇格。生産管理は、商品の売れ行きやお客様の要望、工場のキャパシティなど全体を俯瞰することが求められます。お客様に寄り添ったメーカーであり続けるために、営業時代の体験を部下にも伝えていきたいと決意を新たに。

お客様の思い通りの生産を実現!
社内外のバランスを担う生産技術。

CLICK
  • 入社

    生産部 生産技術課に配属。焼き菓子・冷菓(ゼリー)の担当として経験を積む。

  • 5年目

    さまざまな商品を経験し、蓄積した知識・技術が認められて主任に昇格!

  • 10年目

    担当がチョコレートに変更!これまでの経験も活かしつつ、新しいことを学ぶ日々。

  • 11年目

    係長に昇格。チョコレート、パイを担当することに。主要顧客の商品を任され、緊張もあるけど大きなやりがいも実感。

  • 15年目

    課長に昇格。6名の部下を任される存在に。生産技術のミッションは、お客様がイメージしている商品を安定して生産し、世の中に送り出すための準備・環境づくり。お客様、社内両方の声を聞き、バランスをとることが大切です。

生産現場のリアルな経験が強み!
安定生産を支える、生産技術。

CLICK
  • 入社

    生産部 生産課 冷菓(ゼリー)工場に配属。

  • 4年目

    新しい商品導入が決まり、新設ラインの立ち上げを経験!

  • 6年目

    リーダーに昇格し、工場責任者を任されることに。判断することも多くなり、プレッシャーを感じる…(苦笑)

  • 10年目

    主任に昇格。工場責任者として頑張ってきたこと、実績を評価してもらえたことが、苦労も多かった分嬉しかった!

  • 12年目

    生産技術課に異動。生産での経験が何よりの武器に。

  • 13年目

    係長に昇格。お客様の要望を聞くだけでなく、要望の本質を見極めて提案することも大切なポジション。工場責任者として担当してきたさまざまな経験、その1つ1つが活きていると実感できます。

安定した生産ができる当たり前を
最前線で支える!
メンバーの育成も大切なポジション。

CLICK
  • 入社

    生産部 生産課 冷菓(ゼリー)工場に配属。

  • 2年目

    ライン作業を一通り覚えたら、後輩社員やパート、派遣社員を教えるように。先輩が教えてくれたことを思い出しながら、1つ1つ丁寧に。

  • 3年目

    作業ではなく、ライン全体を見渡すラインオペレーターに。

  • 4年目

    今度はまた別のラインに配属。1つ1つを覚え、徐々に工場全体のことが分かってきました。

  • 6年目

    チョコレート工場に異動。同じお菓子でも、全然違う!新しいことを学び、まだまだ成長できることを実感。

  • 10年目

    工場のことを一通り覚えると、リーダーに昇格。責任あるポジションに少し緊張…。

  • 15年目

    主任に昇格。担当しているラインに所属している、たくさんのメンバーの育成や、商品を生産してきた実績を認めてもらえたことを実感。毎日生産している数万の商品は、決して一人では達成できないこと。この先も、工場のみんなと一丸となって「おいしいお菓子を食べる喜び」を世の中に提供し続けたいです。

pagetop